屋根の雨漏りを放置するとどうなるか

  • 屋根の雨漏り被害を防ぐには

    • 全国的に異常気象が続き、各地で台風や大雨、強風の被害が相次いでいます。
      異常気象は、かつてないほど多く、被害にあった人は、家の修繕や復旧で体力的にも、精神的にもそして金銭的にも大変な状況になっています。自分の家に、雨漏りがしてしまう可能性もあるのですが、屋根のメンテナンスをしているという人は少なく、放置してしまっているという人が多いので、強風や大雨などで雨漏りがしてしまうという人が増えてきています。

      屋根は、雨や風、強烈な紫外線などの影響を受けやすく、日々劣化が進んでいます。



      新築でも10年を過ぎると屋根は傷んでいると言われており、定期的な点検とメンテナンスが家の寿命をのばすために大切です。



      雨漏りを発見した時には、すでに屋根裏や天井裏は水浸しの状況になっていることが多く、壁の内側や床下にまで被害が及んでいることも少なくありません。
      屋根の雨漏り被害を防ぐためには、定期的に点検を受けて、早めに塗り替えや修繕を行い、雨や風に耐えることができるようにしておくことがとても重要です。



      もし、雨漏りを発見した時には、すぐに修理をすることをおすすめします。

      水分が一度入り込んできた家は、再び雨や風、台風などがやってきたときに、大変弱く、また水分が建物の内側に侵入してきやすい状態になっています。水分を含んだ部材は劣化が進むため、家の寿命が大幅に短くなってしまうのでできるだけ早く修理をすることが、被害をおさえるために大切なのです。