屋根の雨漏りを放置するとどうなるか

屋根の雨漏りを放置するとどうなるか

大雨や台風の時に、天井からぽたぽたと水滴が落ちてきたり、壁や天井の一部が濡れていたり、気が付くと壁や天井にしみができて壁紙がはがれていたりする雨漏りは、屋根が劣化したり、強風などで損傷を受けたりした個所から、雨と風が吹き込み、屋根裏や天井裏に水が溜まっている状態です。
たまった水はそのまま下に落ちて、天井の部材の隙間から部屋に落ちる場合が多く、一般的な雨漏りはこのケースです。



天井のどこかから水が急に滴ってくるので、驚いてショックを受ける人が多いのですが、雨がやんでしばらくすると、雨漏りがしなくなるので、そのまま放置してしまうことも多く、家が劣化する原因になってしまいます。

また、天井のどこかから水が滴ってくる場合には、わかりやすいのですが、天井裏から壁の内側にしみこんだり、壁の内側を伝って床下に落ちてしまうこともあります。
この場合、壁の内側や床下を開けて、点検しなければ被害がどのくらいなのかがわからないため、放置してしまいがちで、被害が大きくなる傾向があります。

壁や床をはがして修理をしたり、場合によっては建て替えをしなければならないほど傷んでいることもあるので、費用はかなり高額になります。



屋根の雨漏りを放置すると、家が急速に劣化して、修理に高額な費用が掛かることになる場合が多いので、屋根の点検を受けたり、必要に応じたメンテナンスを定期的に行うことがとても大切です。
劣化する前にメンテナンスを行うことが安上がりで、家の劣化も防ぐことができる方法です。



  • 1から学ぶ生活

    • 自宅なども、日々過ごしているうちに老朽化してくるものです。そのため、屋根などに関しても、外気温、また雨や風、その他にも台風や地震などの影響を受け、劣化や割れ、また瓦などのズレがでてしまうこともあります。...

      detail
  • サポート情報

    • 梅雨時期などは、雨が降りやすくまた、夏場になると台風などにより雨風が強く、その影響が自宅の屋根にも及ぶことがあります。風などの影響で瓦などがずれたり、風で物が飛ばされ、それが直撃などすることでも瓦などがダメージを受け、割れたり亀裂が入ってしまうこともあるでしょう。...

      detail
  • ためになる情報

    • 普段暮らしていると、忙しく家の外壁や屋根などを眺めたり、壊れたりしてないかチェックをするということもあまりないでしょう。ですが、ある程度年月が経つことで、家も劣化していきます。...

      detail
  • 生活の基本知識

    • 全国的に異常気象が続き、各地で台風や大雨、強風の被害が相次いでいます。異常気象は、かつてないほど多く、被害にあった人は、家の修繕や復旧で体力的にも、精神的にもそして金銭的にも大変な状況になっています。...

      detail